包茎って恥ずかしいことなの?

包茎は恥ずかしいことではない

男性型脱毛症や勃起不全や男性更年期障害や前立腺肥大や多毛症や多汗症など、男性特有の体の悩みはいくつかありますが、老若男女問わず悩まされる包茎もその代表格です。
一昔前は誰にも言えない恥ずかしい悩みという位置づけでしたが、今はだいぶ変わってきました。
テレビ番組などで自分が包茎であることを公表する有名人も増えてきましたし、タブー視されなくなりもはや恥ずかしい悩みではありません。
完全に亀頭が包皮に埋まっている状態で見た目が悪く臭いも気になる、付き合った先の性行為のことを考えるととにかく不安で女性との交際に対して消極的になってしまう、包皮口が狭く勃起すると亀頭が締め付けられ激痛が走るなどの悩みがあり、人生を楽しめないという男性は多いのではないでしょうか。
包茎は見た目の問題だけではなく、痒みや痛みや悪臭が生じたり排尿障害や亀頭包皮炎を発症するリスクが高まったりなどの問題もつきまといます。

包茎に悩んでいるなら早めに手術すべき

女性との恋愛や衛生面やエチケット面や精神面や健康面や見た目など、包茎の悩みはあらゆるめんに悪影響を及ぼします。
悩みを抱えたまま人生を歩み続けるのは難しいと判断したなら、早めにクリニックで手術を受けるべきです。
包茎が男性が抱えるポピュラーな悩みとして定着した今、手術をして悩みを解消させる男性も増えてきています。
それに伴い包茎手術を取り扱うクリニックも急増中ですので、一昔前に比べてだいぶ受けやすい環境です。
とくに問題が深刻化しやすくて病気発症のリスクも高い真性包茎やカントン包茎においては保険適用となり、自由診療の治療費に比べてだいぶリーズナブルです。
お金の心配がいらないというのは、これから手術を使用としている男性にとって大きな安心材料となるでしょう。
切開を伴う外科的治療ですので術後の生活はそれなりに制限を強いられますが、包茎の悩みに比べたら大したことではありません。
1ヶ月程度のダウンタイムを経れば、晴れやかな気持ちで楽しい人生を歩めるようになります。

まとめ

包皮口に亀頭が締め付けられてうっ血したり皮の中に垢やゴミが溜まって不衛生になり悪臭が漂ったりなど、包茎には計り知れない悩みがついてまわります。
物理的な悩みだけではなく、コンプレックスで恋愛が出来なくなったり自信を失いネガティブ思考になったりなど、精神面にも色々な悪影響があります。
包茎は恥ずかしいことではありませんので、普通の病気や怪我を治療するような感覚で堂々と手術を受けましょう。
その先には楽しい人生が待っています。